カテゴリー: コンピュータ史

パラメトロン素子に対する批判的見解

臼井健治(1986)『日本のコンピュータ開発群像』にっかん書房における記述 日本電気の出川雄二郎氏の証言 「あのころは、パラメトロンの呼び声が高くて、どっちかといえば、パラメトロンをやる人 のほうが偉いようなことをいわれ…

全文を読む

日本におけるTSS

日本における最初期のTSS研究 「(1963年に開設された大阪大学の計算センターは、1965年にIBM・WTCからIBM7090の無償提供の申し出を受け、同機を入れるかどうで大議論になったが、最終的にはNEAC2200-…

全文を読む