IBMの最初のマイクロプロセッサー IBM 801

1975年にIBMは、RISCの設計原理(RISC design principle)に基づくマイクロプロセッサーの開発を目的とした研究プロジェクトを開始した。最初は「RISCの父」と呼ばれるJohn Cockeが研究プロジェクトを指導した。

カテゴリー: CPU技術史関連リンク, IBM関連 パーマリンク

コメントを残す